更新をメールでお知らせ◎Follow by Email

2013年12月8日日曜日

なちとあんじ。

ご無沙汰しておりますタイランドはチャン島よりKimiAですこんばんは◎


退院したよ!

かれこれ二週間前に。
あぁぁあはじまったはじまった。
この何もできていないのに飛ぶように時間だけが過ぎてゆく期!
第一子Nachiが生まれたときも最初の一ヶ月くらい記憶がないんだこれが。。。

タイでの出産は帝王切開でも3泊4日で退院なんですよ。
でも人生初の手術に身も心も打ちのめされていたKimiAはわがままを言って1日延泊しました。テヘペロ

早く島に、家に、家族の下に帰りたい気持ちと、病院で看護婦さん達にいつまでも甘えていたい気持ちとのハザマで苦しみましたが、退院当日花束を持って現れた旦那くんTorと息子Nachiを見たらぴょーんとベッドから降りれた不思議・笑。


そしてはじまった新生児との生活

相変わらず新生児の間は玉ねぎ風呂でございます・笑。
玉ねぎ風呂(旧ブログ)


玉ねぎ姫

名前はAnji(あんじ)になりました◎ヨロチク

タイではチュージン(本名)とチューレン(ニックネーム)ってのがあって、チュージンはTorが、チューレン兼日本名はKimiAがつけるってのがNachiのときからの流れでね、生まれるまでにいくつか候補をTorに話してあったんだけど、TorのおばあちゃんがAnjiを気に入ったみたいでね、そのことがTorはとってもうれしかったらしく、KimiAが決定する前に勝手にFacebookで公開してたという隠れエピソードがあるんですが、なんか名前ってこうやってスッと決まるもんかもなぁとか思って・笑。


二児の父

Nachiが生まれたときはTorもKimiAも赤ちゃんて存在に慣れて無くてさ、24時間育児書片手に生存確認してた感じで全く余裕がなかったんだけど、二人目は不安が少ない分楽しい!!
睡眠不足は辛いし、Nachiが幼稚園に行き始めてようやっと出来た自分の時間みたいなものは消え去りましたけど・笑、補って余りあるシアワセがこの生活にはあります。

で、二人目育児で最初にぶつかった壁は何かというとNachiのメンタルケアでした。
お腹にいることはそれなりに楽しみにしてくれてたんだけど、病院に面会に来てくれたときにAnjiが泣いたのね、そしたらもうパニックになっちゃって、耳塞いで「帰りたい。。。」ってなっちゃったのがはじまり。
退院するときもノリノリで迎えに来てくれたのに、いざ病室を出ようとしたら

「えっ、赤ちゃんは置いていこう?ね?ね?」エーッ!w

家についてからも

赤ちゃんが泣く⇒KimiAがかかりきりになる

の図がどうしても受け入れがたかったらしく、ベビールームに絶対入ってこない。
KimiAが抱っこしててもいないふり。
赤ちゃんが泣いたら耳塞いで家を飛び出しちゃう。

やーもうどうしようかと思いました。
で、どうしたかというと何もしませんでしたwww
無理に存在を認めさせても愛につながらないと思って。あとなんかいろいろ試す余裕とかなかった
とにかくAnjiはまだ手のかからない新生児、左手にひょいと抱えちゃってNachiの要求を優先的にかなえてたわけです。


この距離まで10日かかりました。

特に高尚な育児理論にのっとって行動したわけではなくそれが一番ラクだったからなんだけどw、結果的にNachiの心が安定したのかな。
ある日Anjiが泣いてたら寄り添って歌を歌ったの。
一番得意なのをチョイスしたせいで子守唄としてどうなのかというアルファベットの歌だったけど・笑、Anjiはとても喜んで、そこから兄と妹のコミュニケーションがはじまりました。
初めての抱っこ 未満 記念写真◎


そいで今日。

今度は愛が止まりません。
首がまだぐらんぐらんだから目が離せない・笑!

生後二週間のAnjiがナニをどこまで理解してるのかわからないけど、Nachiの声が聞こえるとパァッと顔が輝く。
並んで寝かせたら鼻息フンフン手足ジタバタ大興奮。
多少ヘタクソな抱っこでもうれしそうにくつろぐ。

いいもの見せてもらってるなぁ。ヘヘ

0 件のコメント:

コメントを投稿